ちょびリッチの使い方と稼ぎ方、使用時の注意点はある?

お小遣い稼ぎ

前回のモッピーに引き続き、安心して利用できる大手ポイントサイトの特徴やメリットデメリットを自分なりに紹介したいと思います。今回は『ちょびリッチ』さん。こちらも有名どころですね。その割に紹“最強ポイントサイトランキング1位”と紹介されていることが少ない印象ですが、これは実はサービスに問題があるわけではありません。その理由も教えちゃいます。

ちょびリッチの企業概要

ちょびリッチはモッピーと並んで、知名度・会員数共にトップクラスの大手ポイントサイトです。ポイ活が中申された数年前からは名前を見かける機会がさらに増えましたね。

ちょびリッチの運営会社はその名も“株式会社ちょびリッチ”。2002年創業と20年近く運営されており、ポイントタウンなどに次ぐ古株でもあります。玉石混交なポイントサイトの中で、ユーザー数が多く長く運営されているというのは、それだけで優良サービスの証でもあります。安心感と分かりやすさから、ポイ活デビューに登録する方も多いはず。

そんなちょびリッチについて、表にまとめてみました。
安全性についてや詳しいメリットデメリットは下で紹介していきます。興味がある方はぜひ。

運営会社株式会社ちょびリッチ
サービス開始2004年8月(創業2002年1月)
会員数400万人
換金率1ポイント=0.5円(2P=1円)
最低換金額500円
手数料ゆうちょ銀行、その他金融機関:150円
その他:無料
ポイント交換先現金
電子マネー
マイル
ギフト券
他社ポイント
 など30種類以上
利用可能な年齢12歳以上
(20歳未満の場合、法定代理人の同意を得たものとして扱う)
友達紹介制度あり
ポイント獲得コンテンツバナークリック
アンケート
メールマガジン
商品購入
資料請求
ちょびリッチ経由のショッピング
データ入力
ライティング
モニター参加
ミニゲーム類
ちょびリッチ懸賞 など
スマホアプリ

ちょびリッチの安全性は?

ポイントサイトを使う時に気になるのは安全性ですよね。人によっては金融機関を登録したり、個人情報を入力する場合もあります。商品の購入などお金が絡む案件もありますから、お小遣いは貯めたいけれど怪しいサイトは経由したくないというのが本音です。

では、ちょびリッチはどうでしょう?

よくポイントサイトでSSL化しているからOKという記事を見ますが、それはぶっちゃけ昔の話。今はSSL化が標準装備、していないサイトはよっぽどヤバいか古いまま更新されていないところです。このブログもSSL化してますからね。

SSL以外のどこでセキュリティを見るのかと言うと、

  • プライバシーマークの有無
  • TRUSTe取得
  • ISMS認証取得(第三者機関によるセキュリティ基準評価)
  • 日本インターネットポイント協議会(JIPC)加盟
  • 電話認証(不正アクセス・なりすましの検出)

等です。モッピーはプライバシーマーク+JIPC加盟+電話認証、ちょびリッチはTRUSTe取得+JIPC加盟+電話認証と、どちらもセキュリティに配慮していることが分かりますね。

電場番号による本人認証を嫌がる向きもありますが、これがないと“なりすまし”が出たり、不正にポイントが取られてしまうこともあります。面倒なところもありますが、それがあるからこそ安心して利用できるのだと思いましょう。

とにかく(ネットの世界では100%安全なんてことはありませんが)ちょびリッチはしっかりとセキュリティ対策をしてくれている、安全性の高いポイントサイトの一つだという事は分かります。

ちょびリッチのメリットとデメリットを考えてみる

ちょびリッチの4大メリット

①ポイント獲得コンテンツが豊富!

ちょびリッチの魅力は、何と言ってもポイントを獲得できる案件の幅広さだと個人的に思っています。クレジットカード発行、保険などの申し込み、資料請求など1つで高額ポイントをゲットできる案件も豊富。かと思えば、スロットやビンゴなどのミニゲーム、簡単な文字入力などのお仕事コンテンツもあります。もちろんちょびリッチを経由したショッピングでポイントバックしてくれるサイトも豊富。

高額案件は初回1回のみ有効ということが多いので、少額でも貯め続けられるコンテンツが多いというのは魅力ですね。また、本気でポイ活をする場合は複数のポイントサイトに登録して1円でもポイント数の高いところから…と巡回しますが、何件も登録したくないという方にも総合的なポイントサイト(しかも還元率も高め)なので良いと思います。

②報酬額が業界最高も多い

ポイントサイトで高額案件の代名詞と言える「クレジットカード発行」。これにちょびリッチはめちゃくちゃ強いです。特に年会費無料の(わりと簡単に発行できる)クレジットカード類の発行でもらえるポイントは、円換算でもちょびリッチが最高ということがかなり多い! イオンカードなども常に1位か2位の報酬額ですから、カード発行で大量ポイントを狙っている場合は必ずちょびリッチにも登録しておくことをお勧めします。

スマホ版は無料アプリインストールも

スマートフォンからちょびリッチにアクセスすると「アプリで貯める」というコンテンツがあります。こちらはアプリをインストール、もしくはインストールして指定条件を達成することでポイントを貰えるコンテンツ。こうした無料アプリダウンロード(インストール)案件は主力ポイントサイトのほとんどに用意されていますよね。

※記事作成時の情報です。

実は、ちょびリッチはアプリDLによる獲得ポイント数がトップクラス。他のポイントサイトと比較しても多いことが大半で、仮に一位を譲ったとしても明らかに低いというケースはほぼありません。

トップに表示される高額案件は正直、ハードル高め。条件を達成するまでに結構時間がかかります。とは言え、無料でアプリをインストールしてプレイするだけなので、お好きなタイプのゲームがあればすごく割のいいお小遣い稼ぎになりますよね。

さらに、下の方にある数十ポイントのアプリはインストールする「だけ」でポイントが貰えます。ちりも積もれば…で1件でのポイント数には極端な差が無くても、何十個も積み重ねていくと段々獲得ポイント差が明確になっていきます。アプリダウンロードでポイントを貯めたいと思っている方も、ちょびリッチは登録しておきたいポイントサイトの一つです。

③お買い物保証制度+還元率2倍デーがある

ちょびリッチは「お買い物保証制度」を採用しています。
これはちょびリッチを経由して対象ショップで買い物をしたのにポイントが反映されないという時に、証拠(注文完了メールなど)を提出することで調査・保障ポイントの支払いを要求できるというもの。大手ポイントサイトでも採用している・いないが分かれるサービスなので、ショッピング中心にポイントを貯める予定の方は要チェクです。

また、毎月5のつく日は対象ショップのポイント還元率が2倍になる“ちょびリッチの日”になっています。稀に対象広告・期間を拡大した“スーパーちょびリッチの日”の開催も。ショッピングでの還元率は有力ポイントサイトの平均~平均やや上くらいなのですが、この“ちょびリッチの日”だと還元率トップになることもザラ。ちょっとお高めの商品を購入するときは“ちょびリッチの日”を待ってみることをお勧めします。

みみっちいと言われてしまいそうですが、自分はネットショッピングをするときにまず主要ポイントサイトを見て回るのがクセになっています(笑)。楽天やQoo10で買い物をするときに、各通販サイトのポイント+ポイントサイトのポイントが二重にもらえますからね。

保護者の方の同意があれば12歳以上から登録できるので、クレジットカード発行や不動産・保険関係の案件には参加できない学生さんにも嬉しいサービスなのではないでしょうか。

④Youtubeでも稼げる

最近ちょびリッチさんが力を入れられているサービスの一つが、YouTube。
ちょびリッチの紹介が入っている動画を作成し、YouTubeに投稿(※要紹介リンク)。それをちょびリッチに報告すると300ポイント、再生回数が1000回以上の場合は1再生につき1ポイントが加算されます。

再生数ボーナス上限は1動画あたり50万回再生までとされているので、バズった場合は50万ポイント=25万円が一気に加算されます。掲載リンクから登録者がいれば人数分の紹介ボーナス・ダウン報酬も入るので、実際に加算されるポイントはもっと多くなります。人によって別途YouTube広告報酬も入れば…ボーナス越えちゃうかもしれませんね。

ちょびリッチのデメリット、気になる点

1ポイント=1円ではない

ポイントサイトのポイント換金率はバラバラ。ちょびリッチの場合は1ポイント0.5円換算なので、ちょっとわかりにくいです。ちょびリッチのサイトで獲得ポイントを見て「お、高い」と思っても、円換算すると普通だった…なんて事もあるかもしれません。

悪徳ポイントサイトとは違ってちょびリッチは親切なので、ポイント数の下に(○○円相当)と注釈を入れてくれています。目立つ文字に飛びつかず、慣れるまでは何円に該当するのかをしっかり確認しましょう。

お友達からのダウン報酬は期待できない

ちょびリッチにも友達紹介ボーナス、紹介した友達が獲得したポイントの40%を貰えるという仕組み(タウン報酬制度)があります。40%とだけ聞くとダウン報酬率が高いように思いますが、これはお友達がダウン報酬対象案件を利用した場合のみ。

そして、肝心のダウン報酬対象案件は「どこにあるの?」レベルで少ないです。このため、ほぼ「ちょびとも報酬制度」と呼ばれているダウン報酬が発生することはないと思っておきましょう。運良く報酬が発生したとしたら、今日のちょびリッチ当選(当選額の10%)の方じゃないでしょうか…。

冒頭に書いた“稼げるポイントサイトランキング”的なブログなどで、1位に入れられていることがほとんど無いもの、このダウン報酬が期待できないという部分の影響もあるはず。ポイントサイトの紹介を副業もしくは本業にしている方にとっては、もっとダウン報酬が期待できる方に流れて欲しいっていう気持ちがあるのではないかと邪推しています←

ちょびリッチの総評、向いている稼ぎ方

個人的総評

ちょびリッチは多くの案件がポイントサイトの平均以上、かつポイント獲得案件の数も種類も多い優良サイトです。最低換金額も比較的低めで、手数料もゼロの交換方法が多いのですしね。他のポイントサイトと比較して「これがスゴイ!」と特出した部分はありませんが、全般的に安定したサービス内容というのが私個人の感想です。

唯一弱点と言えるのが、友達紹介からのダウン報酬システム。とは言え、ダウン報酬に回る分が少ないためかポイント還元率はかなり高いです。人を紹介しまくって副業レベルで稼ぎたいと方には不満もあるかもしれませんが、自分でコツコツポイントを貯めたいという方には良いサービスと言えます。登録したら迷惑メールが大量に来るようになった・ポイントがもらえない等の悪い口コミもほとんどないので安心安定のポイ活にピッタリ。

稼ぎ方と向いている方

ちょびリッチは前記の通りダウン報酬にあまり強くありません。自分の拡散力・発信力を生かして不労所得をゲットしようと目論んでいる場合はポイントタウンに負けます。。どちらかと言えば、自分が使用するサービスで得をしたいというタイプに合っているように感じます。

還元率トップの案件も多く、デメリットやリスクもありませんので、クレジットカードや保険比較などを利用する予定がある方、ネットショッピングをよくする方は登録しておきましょう。そのほかアプリタウンロードやガチャなどコツコツ貯められるコンテンツも豊富。

一人でこうしたコンテンツを活用するだけでも(そこそこ頑張れば)月500円くらいをゲットすることも出来ます。モニター参加で商品代金・飲食費などの一部ポイント返還目的や、楽天ポイントと二重でポイントゲットなど、個人的にはポイ活・副業と言うよりも“節約”に近い形で主に使わせて頂いているサイトです。「人に紹介しないとポイント貯まらないなら、ポイ活は無理かな」と思っている方こそ恩恵を強く感じられるはずです。

▼登録はこちらからがお得です▼
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

タイトルとURLをコピーしました