ちょびリッチのおすすめ機能!手軽にポイ活&プラチナランクになれます

ちょびリッチのおすすめ機能!手軽にポイ活できる方法紹介記事イメージ お小遣い稼ぎ

最近はメディアでも多く取り上げられているポイントサイト。一回は登録したことがある方も多いのではないでしょうか。で、結局、微妙にしか貯まらないまま「ブログやSNSで友達紹介しなきゃ稼げないんじゃ」「交換可能額まで遠いなぁ」とうんざりして飽きて止めてしまったり。

私もそんな時期、ありました。
退会したり、長期間ログインしなさすぎて消えたポイントサイトもたくさんあります。

でも、数千円~数万円くらいは自然に貯めることが可能でした。クレカ何枚も申し込んだり、興味のない資料請求をする必要はありません。ネットショッピングをする方であれば、個人的に最も使いやすいと思う“ちょびリッチ”のおすすめポイント案件と、便利な機能を紹介します。

ちょびリッチでオススメしたいポイント広告案件

おすすめ①経由ショッピング(お買い物で貯める)

ちょびリッチで、個人的にとにかくおすすめなのが“お買い物で貯める”のカテゴリー。

それも特定の商品購入ではなく、楽天や Yahoo!ショッピング、PayPayモール、Nissenなど「ちょびリッチから、そのサイトに行ってお買い物すればOK」というタイプの方です。還元率だけ見ると低く見えますが、そこは塵も積もればなんとやら。

更に、ちょびリッチにはランクシステムがあります。
ランクアップするとお買い物やアプリダウンロードでもらえるポイントが増量されます。しかも、最上位のプラチナランクになる条件が“過去6ヶ月の広告利用回数12回以上 or 獲得ポイント数30,000pt以上”。半年間で12回、ちょびリッチ経由でネットショップを使えばOKという仕組み。

例えば同じ楽天でも、ショップごとに会計をすると同日複数回カウントされます。お買い物マラソン1~2回で余裕でクリアできちゃう条件です。大体のポイントサイトは獲得ポイント数もカウントされるのに、ちょびリッチは回数だけでOK。太っ腹ですね。

↓しょぼい買い物でも、がんがんカウントされますw

更に、ちょびリッチ入会から1年以上経過していて、プラチナランクに一度でもなっているとゴールド以下には落ちません。この永久ゴールドランク以上システム、自分みたいに利用にムラっ気があったり、他のポイントサイトと併用しているタイプの人間には非常にありがたいです。

大手ネットショップは正直、どのポイントサイトを使っても還元率はほぼ一緒。
会員ランクの件もありますし、後記のちょびリッチ経由でショッピングしやすい仕組みもありますから、しばらくネットショップはちょびリッチに絞ってプラチナランクになりましょう(笑)。

おすすめ②登録・申し込みで貯める

次にちょびリッチでおすすめなのは「登録・申込みで貯める」の中にあるポイント獲得案件です。

クレジットカードの申込みや、資料請求やWebサービスへの登録、スマホアプリのインストールなどのポイント獲得対象広告がこちらにあります。ザ・ポイントサイトというイメージの案件ですね。

人によって使う、使わないは分かれるところですが、結構種類も多く、ポイント還元額が大手ポイントサイトの中でトップクラスということも珍しくありません。特にイオンカードやエポスカードは上位に君臨されているタイミングが多いので、これから作る方にはおすすめ。

ちなみに“就職・転職・資格”カテゴリーにはユーキャンやヒューマンアカデミー通信講座、英会話スクールなどもあります。就職転職が先に来ているので見落としがちですが(私だけ?)ユーキャンさんとか通信の資格取得講座系が結構あるのはありがたいですね。

私はphotoshopの勉強(とAdobe Creative Cloudの学割購入)で“たのまな”を受講した時に使わせていただきました。基本操作は習えるし、ソフトは安く使えるし、ポイント還元されるし、最高でした。ありがとうございます。

おすすめ③スマホ版&アプリの“ちょびガチャ”

スマホ版とアプリ版にあるミニゲーム“ちょびガチャ”を使うと、ハズレ・2ポイント・30ポイント・50ポイント・100ポイントのどれかが出ます。個人的な体感ですとハズレはそこまで多くありません。基本2ポイントもらえるイメージです。

下図はアプリ版↓

これはポイントを貯めるよりも、失効予防の意味合いが強いです。
というのも、ちょびリッチでは一年間ポイントの獲得・交換が行われていないと、ポイントが全て取り消されてしまう可能性があります。

第10条(ちょびリッチポイントの取消)

以下の各項目のいずれかに該当する場合、当社はユーザーのちょびリッチポイントの一部または全部を取消すことができます。また、取消されたちょびリッチポイントに対して当社は何らの補償も行わずまた一切の責任を負いません。
  • (1)ユーザーが1年間、何らちょびリッチポイントを取得もしくは交換をしなかった場合。

引用元:ちょびリッチ利用規約

 

ちょびリッチでは他にも無料・無登録・無購入でポイントを貯められるコンテンツが結構用意されていますが、ポイント獲得までにかかる時間も考えると“ちょびガチャ”が一番効率が良いです。20~30秒でポイントの延命ができるので、気付いた時にやってます。

私のようにポイントサイト利用やネットショッピング頻度にムラがある方、ぜひ使ってください。ゲームだとコインとかポイントにならなくて面倒、アンケートは面倒くさい割にポイントがたまらなくて「うわぁぁ」と思う方に強くオススメしたいです。

ちょびリッチ公式サイトへ

ちょびリッチ経由ショッピングがおすすめな3つの理由

1.ネットショッピングのブクマ機能がある

個人的にちょびリッチを重宝している最大の理由がこれです。
ショッピング利用の場合、ちょびリッチではパソコン版、スマホ版、アプリ版すべてに「ブックマークに追加」もしくは「ホーム画面に追加」というボタンが用意されています。灰色で目立たないですが、このボタン超重要。

ブックマークに追加(ホーム画面に追加)ボタンを押すと、上図右のような「この画面をお気に入りに登録してね」という画面が開きます。

言われたとおり、画面をブクマ。
その時は変化がありませんが、ブックマークから登録したページを開くと、数秒間で“ちょびリッチ経由”して目的のサイトを開いてくれます。便利!

ポイントサイト経由ショッピングの面倒なところは、

  1. 一旦ポイントサイトにログインする
  2. ポイントサイトから目当てのサイトを探す
  3. リンクを踏んで、目当てのサイトを開く

という流れですよね。

更に、ちょびリッチは会員番号でのログインです。
ぶっちゃけ覚えてないので、登録情報探して、ログインして、サイトを経由して楽天などのネットショップに行く。面倒くさくてやりません。楽天の場合は楽天市場アプリでもポイントが若干増えるので、アプリで買っちゃいます。

ですが、よく使うショッピングサイトをブックマークしておけば、(時々ログイン画面になることもあるものの)基本ノータッチで経由ショッピングが出来てしまいます。ちょびリッチポイントが勝手にどんどん貯まっていきます。

ブクマに入れていた楽天やらPayPayモールやらのネットショップ、ちょびリッチ経由URLに総入れ替えしましたとも。そうすれば、わりとネットショッピングする方なら勝手にプラチナランク入りしていると思います。私はしていました(笑)。

このブックマーク用ちょびリッチ経由ページ、便利です。私のように「ついポイントサイト通すの忘れちゃう」という方にこそ、ぜひブクマURLを切り替えてみて頂きたいです。

2.楽天の商品検索が出来る

ちょびリッチはスマホ版、パソコン版、どちらでも「楽天市場で貯める」という特別カテゴリーのようなものがあります。「楽天市場で貯める」を開くと、楽天カラーの赤っぽい検索バーがある画面に。このまま楽天市場の商品検索が、ちょびリッチサイト内で出来てしまいます。

通常だと楽天ポイントの獲得位置に、ちょびリッチのポイントがどれだけ貰えるかが表示されている形です。楽天のポイント率が見られないのが不便といえば不便ですかね(同じ値段なら楽天ポイント10倍とか、割引きクーポン出ているショップで買いたいじゃないですか)。

ちょびリッチを経由した、けど、色々商品を見て回っていて「これってポイント還元されるのかな」と不安になるような方には、安心できる機能なのではないかなと思います。私はブックマーク用ページを使う派ですが……。

3.お買い物保証制度もある

ちょびリッチは「お買い物保証制度」を採用しています。
これはちょびリッチを経由して対象ショップで買い物をしたのにポイントが反映されないという時に、証拠(注文完了メールなど)を提出することで調査・保障ポイントの支払いを要求できるというもの。

買い物保証は大手ポイントサイトでも採用している・いないが分かれるサービス。経由ショッピング中心にポイントを貯めたい方は、保証制度があるサイトを選んだ方が確実ですね。お買い物保証制度を使用するには、注文した証拠が必要になるので、申込み・注文確認メールなどは消さないでおきましょう。

ちょびリッチで微妙なジャンル

 

もちろん個人的な見解ですので、これらのジャンルは絶対使わないほうが良いというものではありません。お小遣いサイト系の登録は1つだけにしたい、暇つぶしやTV見ながらやっているから良いという方も当然いらっしゃるでしょう。

1.iHerb&Qoo10のお買い物

ネットショッピングにめちゃくちゃ便利なちょびリッチですが、iHerbとQoo10でお買い物を多くされる方は正直モッピーのほうが還元率が高いことが多いです。

特にiHerbは、モッピーと楽天 Rebates(リーベイツ)が購入額の4.0%還元なので、会員ランクが高くても、得られるお小遣い(ポイント)は少なくなってしまいます。

【ちょびリッチの場合】
10,000×2.5=250円
→ ゴールドランクの場合10%(25円)加算で合計275円

【ポイント還元率4.0%の場合】
10,000×4.0=400円

楽天やYahooショッピング、PayPayモールあたりは“購入額の1%”ラインのポイントサイトが大半。なので、サイト内検索&ブクマ機能があるちょびリッチが最高ですが……私は貧乏性なのでiHerbは楽天 Rebates経由、Qoo10はモッピー経由と使い分けています^^;

iHerbのお得な買い物方法はコチラ>>

2.アンケート&お仕事

無料で、何の会員登録や申込みもしなくてもポイントが獲得できるアンケートやお仕事系(文字入力など)コンテンツ。ノーリスクさからおすすめされていいる事もありますが、個人的には、ポイントサイトであんまり頑張りたくない部分。

まず、アンケート。
これは確実にマクロミルをやったほうが良いです。次点はinfoQなど他のアンケート・モニターサイト。かなり下がってポイントサイト併設のアンケート。

何が下がるかって、時間や労力(設問数など)に対する報酬の額です。。同じ時間をかけて回答するなら、マクロミルで答えると何倍になるのかと思ってしまいます。どうしてもアンケートサイトには登録したくない、という方以外、ポイントサイトのアンケートはおまけ程度に思っておきましょう。

次にお仕事・内職系コンテンツ。
これも割に合いません。かかる時間と得られるポイント数を考えると、悲しいことになります。データ入力系の内職ならランサーズとかで頑張ったほうがお小遣いになります。納期とか納品数とかが怖いって方には良いかもしれませんが……自分の体験だとマクロミルでアンケート回答していたほうがマシなレベル。

記事作成は人によって結構稼げるんですが、こちらは不採用もありえます。バンバン採用されるレベルでライティングができるなら、やっぱりクラウドソーシングサイトで記事作成のお仕事にチャレンジしたり、自分でブログなどを運営したほうが収入に繋がるでしょう。

3.友達紹介

インフルエンサーばりにフォロワーがいたりして「私がオススメしたら、みんなはじめてくれそう!」という方はお友達紹介でも稼げる可能性は十分にあります。実際に稼いでいる方もいらっしゃるようですしね。

ただ、ちょびリッチは紹介した相手がポイントを獲得した際の、ダウン報酬システムが弱め。何世代にも渡りません。また、紹介したお友達(ちょびとも)が獲得したポイントの40%がもらえるシステムもあるにはあります。が、対象となるのは“ちょびとも”マークのついた広告のみ

かつ、ポイントサイトに登録して最初に大きい金額狙いで利用するクレジットカード発行系、安定して使用するショッピングサイト(経由)系で、この“ちょびとも”マークほぼお見かけしません。というか、私が利用している系統のポイント対象広告で、全く見かけ見ないんですよね……。

ちょびリッチのおすすめ利用方法まとめ

ちょびリッチはお買い物やサービス等の申し込みが優秀。
他のポイントサイトにも言えることですが、アンケートや内職系コンテンツは微妙です。

特に楽天でお買い物をする方には、ちょびリッチがトップレベルでおすすめです。ブックマーク用のページやちょびリッチ内の楽天検索を使うと、あっという間にプラチナ会員になれます。

楽天・Yahooショッピング&PayPayモールのお買い物は大手ポイントサイトがほぼ“購入額の1%”還元なので、会員ランクによるポイントボーナスの恩恵も大きいです。特定の健康食品などの購入と比べると“購入額の1%”は低く感じますが、日用品などもネットで買われていると、最終的にちょっと嬉しくなるくらいポイントが貯まりますよ。

私はその3サイト(と対象外のAmazon)で大半のものを買っているので、購入時にはちょびリッチ発行のブックマークページから各サイトを開いています。多分、しばらくはプラチナランクを維持し続けることになる予感がしています。

ちょびリッチ公式サイトへ

タイトルとURLをコピーしました