3Dで踊る!『あんさんぶるスターズ!! Music』の内容と魅力、レビュー評価は?

リズムゲーム/音ゲー

TVアニメとして放送されるほど人気の、女性向けアイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!』通称あんスタ。そのイケメンユニット&楽曲でリズムゲームが出来る『あんさんぶるスターズ!!Music』の配信が開始され、SNSや動画投稿サイトで話題になりました。

公式サイトでは「あんスタの世界を楽しみたい方向けのアプリ」として紹介されていますが。実際プレイしてみた感覚ではあんスタをプレイしたことのない人・音ゲー初心者から上級者まで楽しめる仕様な気がしたのでレビューします。

アプリ『あんさんぶるスターズ!!Music』とは

アプリ配信会社・概要

『あんさんぶるスターズ!!Music』はHappy Elements株式会社によって提供されている、アイドル育成をベースにした音楽ゲーム/リズムゲームです。2015年にリリースされ、マンガ化・アニメ化も果たしている大人気のアイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!(あんスタ)』のシリーズ版とでも言うべき存在。

大ヒットを収めた『あんさんぶるスターズ!』は使いやすさとストーリーなどが強化された『あんさんぶるスターズ!! Basic』としてバージョンアップされ、分家のような形で3DダンスMVなどの音楽要素メインの『あんさんぶるスターズ!! Music』が新たに作られたという形になっています。本家がアイドルをプロデュースする育成型アドベンチャーゲームに分類されるのに対して『あんさんぶるスターズ!! Music』はミュージック(音楽&リズム)というカテゴライズ。

配信元のHappy Elements株式会社さんはあんスタのシリーズが代表的。また、可愛らしいキャラクター達と「モンスターを“癒す”旅」というキャッチコピーが特徴的なストラテジーRPG『メルクストーリア – 癒術士と鐘の音色 -』の会社さんでもあります。どちらにせよ、グラフィックの綺麗さ・ストーリーの良さは折り紙付きと言っても良いのではないかと。

『あんスタ!!Music』の世界観とストーリー

前作の『あんさんぶるスターズ!』は男性アイドルを育成する“私立夢ノ咲学院”という高校が舞台でした。しかし『あんさんぶるスターズ!! Music』と『あんさんぶるスターズ!!Basic』は「!」のメインストーリーから一年後、アイドル業界の中心となっているアンサンブルスクエア(ES)に存在する四つの事務所を軸にストーリーが進んでいきます。

プレイヤーも夢ノ咲学院プロデュース科の生徒ではなく、アイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフという設定になっています。ストーリーの詳細はネタバレになってしまうので書きませんが、大雑把なストーリーや世界観は他のアイドルプロデュースゲームやアニメと大差無いかなと。それぞれのキャラクター・ユニットの個性がメイン(だと個人的には思う)。

『あんさんぶるスターズ!! Music』の方は音ゲー特化型と紹介されていますが、ストーリーモードや育成要素もあります。結構ボリュームがあり制限なく読み進めることが出来ますが、前作「!」のストーリは公開されていませんはじめから読みたい、キャラクター達のことをもっと知りたいという時は『あんさんぶるスターズ!!Basic』をプレイしてねってことでしょう。

『あんさんぶるスターズ!』からのデータ引継ぎもBasicでは可能ですが、Musicの方へは出来ません。今後BasicとMusic間で同じカードが追加されていく予定ですが、2つのアプリ間で連動させることもできません。

『あんスタ!Music』のゲームシステムと魅力

リズムゲームは3DMV演出

凄さは動画じゃないと伝わらないはず。

【あんスタ!!music】Voice of Sword Expert 速度10.0 フルコン(PC)

『あんさんぶるスターズ!! Music』一の目玉と言えるのが、この3Dモデルのキャラクター達が歌って踊るMVリズムゲームとしてプレイするときのバックグラウンドがこれなんです。こんな素敵なシーンが後ろにあったら集中できない! と思いますが、そこはきちんとMVのみを鑑賞できる“MVモード“も用意されています。楽曲をクリアすると“MVモード“が解放され彼らのパフォーマンスを集中して眺められるようになるので、初回プレイの時は心を鬼にしてノーツを叩きましょう。

さらに楽曲オリジナルのメンバーだけではなく自分の好きなアイドルたちに変更したり、衣装をチェンジしたりも出来るという…ファン待望の仕様。推しだけを集めたユニットを作るという野望も叶います。ライブユニットの選択画面には“パフォーマー”という項目があり、選択したキャラクターのスペシャルパフォーマンスも見ることが出来ます。

音ゲー苦手勢も楽しめる

『あんさスタ!! Music』のリズムゲームパートでは、同じ楽曲でもEasy・Normal・Hard・Expertの4段階に難易度が設定されています。上で貼らせていただいた動画のプレイヤー様はタップ部分が9箇所ありますが、Easyモードの場合はノーツ数が少ないだけではなくタップ部分も7箇所に。もちろん他の音ゲーと同じくノーツ速度の調節も可能。リズムゲームが苦手・初チャレンジという方から、ExpertでのフルコンやAP・高スコアを狙う上級者まで楽しむことが出来ます。

また、低難易度であっても楽曲をクリアすることで新しい曲が開放されたり、報酬がもらえます。ゲームシステム的にはスタミナ(BP)を使ってライブを行う→BP消費量に応じて得られる報酬(ユーザー経験値、カード経験値、獲得L$、アイテムドロップ率、獲得ファン数)の倍率が変わってくるという仕組み。なのですが、BPゼロでもプレイできちゃうんです。

RPG系のプレイが多い高菜おにぎりとしてはBP=バトルポイントと思ってしまうのですが、あんスタ!!でのBPは“ブーストポイント”の略。なので消費BPゼロでプレイしても報酬は獲得できるんです。倍率は

  • BP0消費→1倍
  • BP1消費→5倍
  • BP2消費→8倍
  • BP3消費→10倍

BP2もしくは3消費しても純粋に倍率が上がっていくわけではないのですが、消費BPなしでも報酬がもらえるのは嬉しいですね。他のゲームで言うところのライフ回復待ちをする必要が無いので、リズムゲームが苦手でミスが多いという方も気にせずプレイできるのも嬉しいポイントですね。

コンテンツは大きく3パート

『あんさんぶるスターズ!! Music』が“Music”として分化したのは上記で紹介したリズムゲーム(音ゲー)要素が主体になっているから。しかし、リズムゲーム部分だけではなく育成パートとストーリーパートもかなり充実しており、キャラクターを育てることが高スコアのカギになっていきます。

ストーリーパート

こちらはほぼ説明不要。ストーリーパートは大きく

  • メインストーリー
  • アイドルストーリー
  • イベントストーリー

の3つに分けられており、メインストーリーはアイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフとなったプレイヤーと、個性豊かなアイドルたちとの物語。解放条件などなく、1話読み終わるごとにダイヤが貰えます

アイドルストーリーは個別でそれぞれのアイドルのストーリーを読むことが出来ます。こちらは第一話部分は無条件解放されていますが、それ以降を解放するにはキャラクターを育成して“ロード”と呼ばれるスキルツリーのようなもの開放していく必要があります。ロードの開放には素材もしくはダイヤが必要になるので、そのためにもメインストーリーは読み進めておきたいところ。

アイドルの育成パート

スマホ向け音ゲーでは一般的なシステムですが、高いスコアをとるためにはキャラクターを強化する必要があります。『あんさんぶるスターズ!! Music』でも同様にアイドルを育成する必要があります。

アイドル(カード)自体の入手と育成

スカウトと呼ばれているのが、一般的に言われるガチャ機能。ダイヤを使用してガチャを引き、キャラクター(アイドル)達を獲得します。各キャラクターには“Lv”と“アイドルロード”と呼ばれる育成可能部分があり、そこをプレイヤーが強化していく感じですね。

画像元:SNSDAYS

“レベル”は他のゲームと同じく経験値で伸び、レベルアップすることで能力値が上がる・MAXになると限界突破をしてキャラクターのレベルを上げられるというもの。

“アイドルロード”はアイドルの能力を開放したり、衣装やボイスなどのコンテンツを受け取ることが出来るようになるという機能。あんスタ!!攻略サイトなどで「才能開花」という言葉が出てきますが、これもアイドルロードのマスを進めていった先にあるものです。“アイドルロード”を進めるにはロード素材と呼ばれるアイテム(ステータスピース・アイドルピースなど)が必要。ロード素材はライブの報酬や、下記で紹介する“お仕事”で得ることが出来ます。

お仕事機能・オフィスの強化

ライブ以外にアイテムやお金を得る手段として“お仕事”というコンテンツがあります。お仕事に参加させたアイドルは全員ファン数がアップするほか、アイドル自身のステータスが上がるというメリットも。ゲーム内のお金“L$(リッドル)”やアイテムも入手できるので、ライブと並行して行っていきたいコンテンツですね。

お仕事はミニゲーム的なものではなく、画面をタップすることでアイドルに作業やファンサービスを進めてもらうだけ。瞬殺で終わります。らくちん。

お仕事に参加するには「お仕事チケット」が必要。これは一定時間毎に1つずつ取得できるタイプで、オフィスのうち“営業部”を強化することで効率よく獲得できるようになってきます。ライブと同じくBPを消費すると獲得できるアイテムやステータスアップ率が高まりますが、BP消費無しで行うこともできます。

そしてオフィスは“営業部”と、“マーケティング部”・“衣装部”の3部署に分かれています。オフィスはランクアップクエスト(ES RANK クエスト)をこなすことでランクが上がり、それぞれの事業部を強化するには必要オフィスランク達成後にL$を使用します。事業部を強化するメリットは

  • 営業部
    →お仕事チケットの入手効率アップ・高難易度のお仕事開放
  • マーケティング部
    →お仕事でGREATが出る確率アップ・L$入手率アップ
  • 衣装部
    →お仕事の衣装の型紙・型紙素材の獲得率アップ

またオフィスレベル2で解放される「オフィスアイテムショップ」では、ゲーム内のお金“L$(リッドル)”を使ってオフィスに設置するインテリアを購入することができます。アイテムの配置は箱庭要素というか趣味のデコっぽいですが、オフィスにアイドルを配置しておくと限定会話が見られることもあるようです。

『あんスタ!! Music』のレビュー

レビューで見る評価点と不満点

あんスタ!からファンが多かったゲームとということもあり、リリース開始から短期間でかなりのDL数を達成している『あんさんぶるスターズ!! Music』。この記事を書いている現時点では

  • App Store:星5つ中4.4(評価件数1.2万件)
  • Google Play:星5つ中4.4(評価件数3,910件)

と高評価を得ているゲームでもあります。マイナスのレビューはあまり多くありませんが、意見としては「前作からキャラクターの雰囲気・性格が変わっている」ことと「育成が難しい(課金しないと無理)」という二つが大半を占めています。前作と比べるとアイドルの強化もMAXと言える「虹色開花」まで持っていくには必要アイテム数が多く大変。

あとは前作『あんさんぶるスターズ!』で集めたカードをMusicに引き継げない点、basicとmusicで連携出来ない点も挙げられています。ストーリーなどは共通なのに連携できないとなると、ダブルで課金させようという目論見があるのではと疑われても仕方ない部分はありそうですよね。

良い評価としてはキャラクターやストーリーについての評価、3Dで推しが動くことについての感動の声が大多数を占めています。3Dの作りこみも細かく、ファン歴が長い方たちからも高く評価されています。ガチでイベントを走ろうと思うと辛い部分もあるようですが、推しアイドルたちの雄姿を愛でるには絶好のゲーム。Music から始めてもキャラの魅力は伝わりますので、あんスタに興味がある・音ゲーをこれから始めてみたいという方には良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました