『マジンマンション』個性的で可愛いマッチ3パズルをプレイしてみた結果…

パズル系ゲーム

世界観とキャラクターが可愛らしいスマホ向けマッチ3パズル『マジンマンション』。お部屋デコレーション×猫要素があまりにも可愛らしく、衝動的にパケ買い、いやパケインストールをしてしまったアプリです。マッチ3パズルの内容、プレイして感じた良い点と残念な点を紹介します。

マジンマンションとは

アプリ概要

『マジンマンション』は2020年3月にリリースされたアプリで、マッチ3パズルとタイトルにもなっている“マジンマンション”というマンションのお部屋カスタムを行うゲームです。

開発・運営元はふんどしパレード株式会社、ある意味衝撃作で世界累計400万ダウンロードを記録している『君の目的はボクを殺すこと。』の制作社さんです。『マジンマンション』も『君の目的はボクを殺すこと。』のスピンオフ作品のような位置付けとなっており、タイトルの“マジン”はあの結構うざくて気持ち悪かった“魔神”とおそらく同じキャタクター。今回もなかなか主張が激しいです。

ただしyoutubeなどでは“閲覧注意”のタイトルでプレイ動画が公開されていた『君の目的はボクを殺すこと。』とは異なり、今回の『マジンマンション』はかなり可愛らしくほのぼのとした仕上がり。ストーリの中では少しシュールというかブラックな部分もありますが、それも可愛いなとクスッと笑えるレベルです。対象年齢も3歳もしくは4歳~と低くなっており、プレイヤーを問わずオースマイティーに受け入れられる内容になっていると思います。

ストーリーとゲームシステム

ものすごく簡単に説明するとすれば、『マジンマンション』は「和製・アニマルタイプのホームスケイプ」です。パズルを1つクリアするごとに星1つを獲得でき、その星を使用して“マジンマンション”と呼ばれているマンションのお部屋の家具やインテリアを配置していきます。

アプリの根幹となるパズルはオーソドックスなマッチ3(上下左右のピースを動かして同じピースを3つ以上くっつけて消していく)パズルそのもの。『ガーデンスケイプ』など他のマッチ3パズルをプレイしたことがある方なら説明なしでもプレイできると思います。

3つ以上のピースを繋げると特定範囲のピースを削除できるアイテムに変化する、プレイ中に任意のピースを消せる消費アイテムがあるのも定番ですね。

他のマッチ3パスルと『マジンマンション』で異なると感じたのは、

  • 縦もしくは横一列を消去するアイテムが無い
  • 縦横2マスずつの4マス消しが出来ない

点くらいでしょうか。

ただし、周囲を破壊するボム・交換したピースの色を全消しするレインボーボムという定番アイテムはありますし、7ピースをマッチすると出来る“ロケット弾”は削除範囲がかなり広く取られています(※おそらく上下左右4マスずつ)。“ロケット弾”の威力が高いので、あまり一列消しアイテムが無い不便さは感じません。

ちなみにパズルのクリア条件は、

  • 指定色のピースを決められた個数集める(消す)
  • 塗られたマス上でマッチを作り、隠れたアイテムを見つける
  • アイテムの周りでマッチを作って回収する(消す)

などステージごとに違います。制限回数よりも早くクリアすると、残っていた制限回数分得られるコインが増えますよ。

マジンマンション魅力・難点

マジンマンション、5つのハマりポイント

※個人的な見解を含みます

お部屋デコレーション要素で飽きにくい

『マジンマンション』はマッチ3パズルをクリアしていくだけではなく、ステージクリアで集めた星を使ってマンションを綺麗にリフォームしていきます。配置アイテムは3種類から選択可能、一度そのアイテム配置をクリアした後は自由に3種類の中から変更することも出来ます。

↓チュートリアルを兼ねた管理人室

それぞれの部屋ごとにアンティーク調だったり和風だったりとコンセプトが決められており、色々なタイプの部屋を作ることが出来ます。お部屋内の統一感を重視するもよし、ひたすらにネコ部屋感を追い求めるもよし。お好みに合わせてマンションの各部屋をカスタマイズしていきましょう。完成させたお部屋を行き来して変更したり、ストーリーの振り返りも出来ますよ。

広告がほぼない

基本プレイ無料のゲームをプレイしていて気になるのが強制表示広告。次のステージに行こうとするたびに動画広告が表示されるのは嫌、という方も多いはずです。『マジンマンション』にも広告はありますが、基本的に自動で(強制的に)表示されることはありません。広告視聴は任意で、一定時間再生することでコインが貰えます。広告表示をとってゲームを有利に進めるか、自分で決められるのは嬉しいですね。

ネコデザインがとにかく可愛い

『マジンマンション』の魅力的なポイントとして絶対に外せないのが「デザインが可愛い」という点。アプリ紹介ブログを書いておきながら語彙力の足りない表現になってしまいますが、とにかく可愛いです。見ていて癒されます。猫好きとしてはゲームデザインの時点で星5を付けたくなってしまうくらい、至る所にネコデザインが散りばめられています。

パズル画面でもレインボーボムが猫マークだったり、任意のピースを消せるハンマーが肉球だったりします。お部屋デコレーションで選べるアイテムにも猫耳付きの家具・猫柄のファブリック類があるのが嬉しいところ。ナビゲーター役のムジャキも猫なので、プレイ画面では常にどこかしらにネコ要素があると言っても過言ではありません。

リアルな部屋をネコアイテムに統一する勇気はなくとも(笑)アプリの中では思いっきり猫柄を使いまくるなんて遊び方もできますよ。

シュールなキャラクターとストーリー

『マジンマンション』のストーリーは

  • マンションのオーナー:マジン
  • 管理人:ムジャキ
  • 住人達:色々な動物

の会話によって進みます。

この登場キャラクター達は非常に個性豊か。みんな見た目は可愛らしいのですが一癖も二癖もあります。掛け合い漫才のような場面もあれば、ちょっとシュールな一面を見せてくれることも。全体的には可愛らしい印象でまとまっているので、シュール・ブラックユーモアが好きではないという方でも苦ではないレベルの内容です。

ただし、安定の濃ゆさを醸し出しているマジンも登場しますので前作『君の目的はボクを殺すこと。』をプレイしている・雰囲気が好きだった方はより楽しめそうです。自分はブラックなムジャキが物凄く可愛らしく思えて大好きになりました。

パスルの難易度は意外と高め

『マジンマンション』のパズルはステージ30くらいまでは超が付くくらいに簡単です。制限回数も多めに設定してくれているので、ヒツジの部屋くらいまではライフ減少無しでも進めるでしょう。

序盤が簡単なのと可愛らしい世界観から「もしかしてお子さん向けの簡単パズル?」と思ってしまいますが、ステージを進めていくとちゃんと難易度は上がります。ライフ5全部を使ってもクリアできず回復待ちになるようなステージもちゃんとありました。デコレーション要素だけではなく、なかなか出来ないパズルをクリアしたときの達成感もしっかりと味わえます。

プレイ画面は縦持ち向けになっているので、ちょっとした空き時間にプレイするときにいちいち持ち替えなくて良いのも嬉しいところ。海外製のマッチ3パズルは基本的に横持が多いので移動時間のプレイとかちょっと面倒なんですよね…。

マジンマンションの難点

運ゲー感が結構ある

『マジンマンション』のパズルスタート画面はランダム配置です。『ホームガーテン』など他のマッチ3パズルゲームにも言える事ですが…難しいステージになるとパズルの腕というよりも“最初の配置が良いか悪いか”が鍵なってきてしまいます。パズルを解けるというよりも、最初のスライドでボムが出来たりするようなピース配置を待つという感じ。

プレイ開始時に選択できるおサポートアイテムもランダムに配置されるので、運が悪いとサポートアイテムの効果が限りなく低い=無駄遣いしたような気分になってしまうことも。。サポートアイテムを使用してもクリアできない→何度かプレイしていたら配置が良くアイテム無しでクリアできた…なんて事もあります。

自分はマッチ3パズルはそういうもの、と諦めているので苦になりませんが理不尽さを感じる方もいらっしゃるようです。結構レビューで点を落とされている理由に入っているのですよね。

ステージ追加待ちのユーザーも…?

自分はアップデートよりも先に進めていないので問題は感じていませんが、App Store等のレビューでは「部屋の追加速度が遅くて、星を貯めて待っている」という声もチラホラ。空き時間にちょいちょいとプレイする程度ならば問題ありませんが、リリース当初から(おそらく一日にまとまった時間もしくは複数回)プレイしている方だと追いついてしまいアップデート待ちになることもあるようです。

画像元:マジンマンション【公式】-twitter

もっと早くアップデートをという声もあるものの『マジンマンション』は定期的に“新ストーリーおよびお部屋追加を含む大型アップデート”が実施されています。公式ツイッターでは週一くらいの頻度でパズルステージの追加も告知されていますから、延々ユーザーを待たせている運営という訳ではありません。1日1~2回くらいアプリを開いてプレイする方であれば、そうアップデート待ちという状態にはならないと思います。

マジンマンションの総合評価

一応難点という部分も書かせて頂きましたが、自分はさほど苦になりません。レビューだと運ゲー感が強い・クリア済ステージをクリアできない・部屋デコの選択肢が3つは少ない……というマイナス評価もかかれていますが、どれもマッチ3パズルの標準です。ガーデンスケイプ&ホームスケイプだけではなく、日本語対応マッチ3パズルを色々やってきたので断言できます。

ゲームの設計はさすが日本製という感じで、親切かつ芸が細かい。濃厚な顔の外国人キャラではなく、ゆるキャラ系の動物達が登場人物になっているのも、日本人としては親しみやすく癒され感があります。基本シングルプレイで淡々と進めていくゲームですので好き嫌いはあるでしょうが、個人的にはガチの良作だと思いました。ゲームはサクサク進む・広告視聴が苦にならない・世界観の構成も好み。

タイトルを半端に切ってしまいましたが、最後まで書くと「個性的で可愛いマッチ3パズルをプレイしてみた結果、ハマってしまった」が正解。長年プレイしてきた『ガーデンスケイプ』の方はステージ2000代後半に入って進めなくなっているので、しばらくは『マジンマンション』の可愛らしい世界観に癒されつつ頭のリフレッシュをさせてもらいます。

パズル好き、ホームデコ系好き、猫好きの方にはお勧めですよ。

タイトルとURLをコピーしました